ヘルペスは大変身近な病気で、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、子供がかかりやすいヘルペス等があります。性器ヘルペスは特に女性が圧倒的に多く、再発しやすいので注意が必要です。少しでも異常に感じた時は病院に行きましょう。

ヘルペス症状と血小板減少性紫斑病症状と両者病期分類

ヘルペスはウイルスに感染することで、皮膚の表面に痒みや痛みを伴う赤い水ぶくれができる病気です。症状があらわれる場所によって口唇ヘルペスと性器ヘルペスに分類されています。
ヘルペスの病期分類はまずヘルペスのウイルス自体は多くの人が体内に持っていますが、普段は活動が沈静化しています。しかし、風邪やストレス、体の抵抗力が落ちるなどの要因でウイルスが活発化します。すると、口や性器などに水ぶくれができますが、この水ぶくれが破けると、ウイルスが外に出て、他者と接触しやすい状態になります。すると、口であれば手で触ったり、性器であれば性交渉したりなどによって、ウイルスが他者にも感染することになります。感染後2~10日で男性器や女性器、さらには肛門の周りで不快感や痛みを感じ、赤い水ぶくれが発生します。普通はその後3週間で水ぶくれは黒いかさぶたに変化して治ります。
血小板減少性紫斑病症状は何らかの病気や薬剤の使用など何らかの明らかな原因がないのに血小板が減少し、出血しやすくなる病気です。日本全体の患者の数は2万人いると言われており、毎年さらに3000人がこの病気にかかると予想されています。
血小板減少性紫斑病症状は病期分類によって2つに分けられます。一つ目は病気が起こってから6ヶ月以内に血小板の数が正常に戻る急性型でこれは小児に多いです。二つ目は6ヶ月以上血小板減少が持続する慢性型でこれは成人に多く見られます。
血小板減少性紫斑病症状の病期分類の詳しい経過は体内に血小板に対する何らかの自己抗体ができ、この自己抗体によって血小板が脾臓で破壊されます。血小板は出血を止めるために非常に大切な細胞なので、その数が減ると出血が止まらなくなり、鼻血や血便、血尿などの出血症状があらわれます。