ヘルペスは大変身近な病気で、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、子供がかかりやすいヘルペス等があります。性器ヘルペスは特に女性が圧倒的に多く、再発しやすいので注意が必要です。少しでも異常に感じた時は病院に行きましょう。

ヘルペスによる不正出血などの症状と自然治癒

ヘルペスというのは、くちびるやその周辺、口の粘膜などに小さな水ぶくれが多数集まってできるもので、単純ヘルペスウイルスへの感染が原因となる感染症ですが、これが性器やその周辺に感染して同様の症状を呈するのが性器ヘルペスとよばれる病気です。両者とも同じような病気ではありますが、ウイルスのタイプとして、口唇ヘルペスであれば1型、性器ヘルペスであれば2型が原因となっていることが多いという違いがあり、若干ですが例外もみられます。
性器周辺への感染では、水ぶくれのほかに、女性のおりものの増加や不正出血などをともなうことがあるため、こうした不正出血などの症状から発見に至ることも多いようです。また、初回に感染した際にはこのほかに発熱や排尿時の痛みとなってあらわれることもあります。
もともとこのウイルスは生活のありふれた場に存在しているウイルスであり、いったん感染した後も体内に潜んで機会をうかがい、宿主が疲労やストレスで免疫力が低下したのを見計らって増殖するという性質があるため、再発することも多い病気といえます。初回の感染でも数週間すれば自然治癒することもありますが、症状が比較的重くなりがちなのに対して、再発の場合は、水ぶくれ以外の痛みや不正出血などの症状はほとんどなく、知らないままに自然治癒しているケースも多いとされます。
ただし、自然治癒を待っていたのでは治りが遅くなってしまいますので、通常は抗ウイルス薬を適切に投与して治療に努めることになります。こうした抗ウイルス薬は、患部に塗るタイプの塗り薬、女性の腟内に入れるタイプの錠剤、口から飲み下すタイプの錠剤などの種類があり、症状に応じて使い分けをします。