ヘルペスは大変身近な病気で、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、子供がかかりやすいヘルペス等があります。性器ヘルペスは特に女性が圧倒的に多く、再発しやすいので注意が必要です。少しでも異常に感じた時は病院に行きましょう。

オーラルセックスでもうつるヘルペスを放置すると危険

性器ヘルペスを起こすウイルスには2種類あり、単純ヘルペスI型とII型があります。
本来I型は口唇ヘルペスを起こすウイルスとされていましたが、オーラルセックスの増加によって、口から性器に感染が起こりI型による性器ヘルペスが多くなって来ています。
I型は日本人の70から80%の人が持っているされるため、オーラルセックスをすると感染する確率は非常に高くなります。
また初感染時の症状はI型の方が重症になる事が多いので、口の周りに症状が出ている時は、オーラルセックスはしないように注意しましょう。
性器ヘルペスに感染すると症状を治療する事はできますが、ウイルスを排除する事は出来ず神経節に潜伏してしまいます。
そして疲れた時や免疫力が低下した時、ステロイド剤の投与時などにウイルスの活動が活発になり再発を繰り返してしまいます。
基本的には感染して症状が出ても自然治癒する事が多いのですが、放置する事で悪化する事もあります。
症状は患部の違和感から始まり、水泡ができ、潰れて潰瘍となりかさぶたになって治っていきます。
しかし初感染は重症になりやすいため放置せずに治療する事が大切で、酷くなるとリンパ節の腫脹や発熱、排尿困難など、様々な症状が起こってしまいます。
再発の場合は水泡はできますが、かなり症状が軽くなります。
治療する時は、必ずパートナーも同時にする必要があります。
症状が軽くても水泡内にはウイルスがたくさん存在するため、家族にうつす危険性があります。
そのため軽症でも放置せずに必ず治療する必要があります。
また、出産時に感染していると、産道を通過時に感染の危険性があり、赤ちゃんが感染すると全身ヘルペス症やヘルペス脳炎を起こし、後遺症や最悪死亡してしまう事もあります。
感染しない注意が必要ですが、もし感染してしまった時は放置せず、医療機関での治療をうけ、他の人にうつさない配慮が必要です。